配達員の機転

アメリカの話ですが、荷物の配達員がある家に届け物をしたら、娘さんが出てきて、
それはその子のお父さんあてのものだと知ってガッカリ。
その日はその子の誕生日で、誰かが自分になにかプレゼントを送ってくれたって思ったらしいのです。
でも当時はロ億ダウン中で、だれもその子のバースデー・パーティもしてくれないし、
誰もプレゼントは送ることが出来なかった。

それを聞いたその配達員、アイスクリーム屋に行ってアイスを買い、再びその子の家に行って
アイスクリームをあげたんですって、、、、こんなこと、日本であるかな?

こんなことすると、「仕事中に!」って言われそう。。

いいお話しではないですかーー!私は好きです、涙が出ます。
ロックダウン中で学校に行けない、友達にも会えない子への優しい気づかい、素敵です。

その配達員をしる人からは「驚かない」ってことでした、きっと普段からやさしい人なのでしょう。
飯名0、こういう話が聞きたいよねーー!

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、すみれが2020年8月 1日 23:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「医者に行ってはいけない?」です。

次のブログ記事は「パソコンが固まった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。